会社案内

つながりを大切にする渓月堂の合言葉は『ふるさと まごころ 菓子処』。
お客様とのつながり、地域や従業員とのつながりを大切にするだけでなく、
お菓子のある団欒を通して、人の喜びが増えるお手伝いすることが我々の目標です。

渓月堂 ふるさとまごころ菓子処

会社概要

商号 耶馬溪物産観光株式会社(渓月堂)
創業 昭和24年10月1日
設立 昭和37年10月12日
経営理念 ふるさと まごころ 菓子処
資本金 1000万円
本社 大分県中津市大字島田795-1
工場 大分県中津市桜町1095
営業種目 和洋菓子の製造及び小売
代表取締役 田中 秀雄
従業員数 50名

沿革

1949年(昭和24年)

耶馬溪の名物である『巻柿』の製造を開始


1964年(昭和39年)

『渓月堂 本店』を出店
『丸房露』の製造を開始


1974年(昭和49年)

『豊(とよ)のころ柿』の製造を開始


1975年(昭和50年)

『渓月堂 中央店』を出店


1984年(昭和59年)

『壱万円お札せんべい』の製造を開始


2002年(平成14年)

『豊の菓柿(とよのかし)』の製造を開始


2009年(平成21年)

『渓月堂 宇佐店』を出店
『和(なごみ)ロール』の製造を開始


2010年(平成22年)

『柿くけコロンブス』の製造を開始


2011年(平成23年)

『かきまん』の製造を開始


2012年(平成24年)

『渓月堂 沖代店』を出店


2014年(平成26年)

『渓月堂 豊前店』を出店
『渓月堂 如水店』を出店
『くろかんくんせんべい』の製造を開始


2015年(平成26年)

『渓月堂 行橋店』を出店


2016年(平成26年)

『渓月堂 小倉葛原店』を出店


ページTOPへ